R&D.M.Co-[アール アンド ディー エム コー]

富士山の麓、山梨県富士吉田市にアトリエを持つしむら祐次・とく夫妻が手がけるブランドです。
山梨県富士吉田市は富士山の湧き水を利用した織物産業がさかんな地域で、その伝統技術を生かし手間暇をかけ、糸を作り生地を織る・デザインし製品に仕立てる、その全ての行程を自分たちのアトリエで行っています。
そこには「自分達が使いたいと思える洋服やバッグをつくりたい」、そして「いいものを長く使っていきたい」という2人の理念が込められています。